過去のNEWS

日本最大級の屋上庭園を誇る富山県美術館に、
川田工業の屋上緑化システム「みどりちゃん」採用

雨水を活用し水やり不要・ユニットを完全に土壌で覆う屋上緑化システムにより、管理削減と安全性を確保し、施主が求める自由度の高い屋上庭園実現をサポート。


川田工業株式会社(本社:富山県南砺市、代表取締役:川田忠裕) の屋上緑化システム「みどりちゃん」が、2017年8月26日に全館開館した富山県美術館の屋上庭園(約3,000m2)に採用されました。

日本最大級の屋上緑化を誇る富山県美術館

 富山県美術館は世界一美しいと言われているスターバックスがあることで有名な富岩運河環水公園西部に建設されました。設計は「海の博物館」(三重県)で日本建築学会賞を受賞した内藤廣氏が手がけました。

 建物の東向きの一面は全てガラス張りで、立山連峰に大きく開かれた空間を創出しています。

 建物の屋上には「金沢21世紀美術館」のシンボルマークを手がけたことで知られるデザイナーの佐藤卓氏がアートディレクションに加わり、芝生の屋上には「ふわふわ」「ぐるぐる」「ひそひそ」などのオノマトペ(擬声語)から連想される遊具が並び、屋上緑化や遊具を通して、身体を動かしながら親子がアートやデザインを体感できる空間となっています。

 本件屋上庭園は、美術館の屋上緑化、巨大遊具のある屋上緑化、植栽の上に人が入る屋上緑化として日本最大級になります。潅水量(水やり量)が大幅に低減できる点、貯水ユニットが土壌の下に埋めれられており景観を損なわず安全に優れている点、またその強度が優れる点等が評価され、屋上緑化システム「みどりちゃん」が採用されました。

▼水やり不要な緑化システム「みどりちゃん」 : http://www.sysken-kawada.jp/environmental/

雨水の活用により、水やり不要な屋上緑化システム

 「みどりちゃん」システムの最大の特徴は、雨水を貯水する仕組みのため、基本的に水やり不要という点です。これにより水やりに掛かる労務費全て、水道代は半分以下にカットすることができます。

 システムの構成は、下から雨水を貯める貯水ユニット、吸湿材としての再生炭、土壌、植栽となっています(下図)。ユニットと再生炭を用いて一定の「空気層」を作り、この「空気層」に蒸散した水分だけで植物を生育する仕組みになっており業界唯一の技術となります。極力水を無駄遣いしないために毛細管現象を活用したものや直接ユニットに根を垂らすものとは異なるシステムとなっています。

国内は学校関係、またアジアを中心に導入

 国内外200件以上の屋上緑化での導入実績があり、海外では香港やオーストラリアなどで導入が広がっています。マンションや病院など幅広く導入されていますが、植栽の中に人が入ることができ、かつ水遣りコスト・手間の削減ということで特に学校関係への納入実績が豊富です。同システムは貯水ユニットが土壌の下に埋められているため高い安全性と、空気層で一旦切っているため、比較的表面が乾きやすく安心して遊べることから評価を得ています。

香港MTR Po Lam Station

香港West Kowloon Cultural District

世界に向けて展開を予定

 日本国内だけでなく海外への展開も加速している中で、香港の地下鉄の駅舎での約12,000m2の大型案件の受注に成功しました。

 2016年度から実験施工を開始したオーストラリアをはじめ、2017年度はアメリカ合衆国での実験施工を開始しました。環境対策を検討する都市は年々増えており、アジア・アフリカ含め世界に向けて展開していく予定です。

会社概要

商号   : 川田工業株式会社

代表者  : 代表取締役 川田 忠裕

所在地  : 〒939-1593 富山県南砺市苗島4610番

創業   : 1922年5月

事業内容 : 橋梁、鉄骨等の鋼構造物の設計・製作・工事。土木、建築、システム建築の設計・工事。環境事業他。

資本金  : 9,601百万円

URL   : http://www.kawada.co.jp/

お問い合わせ先

企業名:川田工業株式会社

担当者名:川田太郎、村上直樹

TEL:03-3915-4617

Email: taro.kawada@kawada.co.jp , naoki.murakami@kawada.co.jp

※灌水装置あり、無灌水のどちらでも対応可能ですのでお気軽にお問合せください。

Go to top