技術・研究開発

川田技報

川田技報

川田グループでは、研究成果や技術紹介をまとめた技術報告誌「川田技報」を定期的に発行しています。

※掲載情報の著作権は、川田グループの発表元企業に帰属します。ご利用の際は事務局までご連絡ください。

お問い合わせ先:
川田技報編集委員会 事務局
E-mail:trc2006@kawada.co.jp
TEL:028(687)2217

Vol.12(1993年:平成5年)

巻頭言 技能 pdf(2.5MB) 塚本順佑
寄稿論説 橋に潜む文化 pdf(4.3MB) 小堀為雄
論文・報告 鋼斜張橋の最適化手法に基づく自動設計支援システムの開発 pdf(8.0MB) 藤江和久・山野長弘
菅野晃生
桁橋の鉛直たわみ基本固有振動数を推定するための実用算定式 pdf(6.9MB) 米田昌弘・宮地真一
合埋化手法によって実施された新琴似高架橋の設計・製作・架設 pdf(15.5MB) 清澤孝吉・松永久夫
茂手木博・小西哲司
町田文孝・橘吉宏
ジェミニSTへリコプタのトリム解析 pdf(7.4MB) 川田忠裕・譚安忠
中嶋良樹・平井正之
鋼製Y型橋脚隅角部に関する模型実験 pdf(10.1MB) 山崎秋信・瀬田真
柳澤則文
遠入川橋の設計・製作・架設 pdf(9.0MB) 伊藤博章・梅崎秀明
小笠原照夫・内田修平
松野和夫・宗村基弘
川田型大型移動吊支保工による札樽自動車道新川高架橋の施工 pdf(10.4MB) 境豊和・古村崇
西村修・金井俊介
太田哲・星川敏一
木場公園大橋施工報告 pdf(7.1MB) 東義隆・柳田隼巳
牧野博文
福岡ドームの設計・施工 pdf(9.4MB) 高田和守・梅澤宣雄
森井一茂・川原正明
高橋泰文・湯田誠
へリコプタ渡海工法開発実験報告 pdf(8.3MB) 横山仁規・田口吉彦
技術ノート システム建築の概要と日本における適用 pdf(3.9MB) 大村外志男・井藤晋介
へリコプタのメインロータブレードの静的荷重試験 pdf(3.6MB) 川田忠裕・譚安忠
中嶋良樹・枝元勝哉
寺本耕一・勝俣盛
大断面BOX柱への非消耗ノズル式エレクトロスラグ溶接法(SESNET溶接法)の適用 pdf(4.0MB) 渡辺武・菅野啓行
村井好範
CGPC梁の開発・設計と押し抜き・曲げ実験 pdf(6.2MB) 野田行衛・児島啓太郎
大塚功一・金子由美
富田昭夫・関口智文
中小橋梁の景観向上について pdf(4.5MB) 野村國勝・磯光夫
道路橋伸縮装置通過時の騒音および走行性の調査 pdf(5.0MB) 池辺輝義・町田文孝
富澤光一郎・勝俣盛
腐食の生じたストランドロープの残存強度 pdf(3.9MB) 野村國勝・町田文孝
寺本耕一
特集 明日の空間を創る,川田における建築事業のあゆみ pdf(11.4MB) 監修:沼田宣之
執筆担当:松江与志一
辻村義一・大塚功一
システム解説 長径間吊橋の設計支援システム pdf(4.4MB) 越後滋・藤江和久
山野長弘・杉原賢治
内海靖・勝俣盛
EWSによる有限要素解析システム pdf(3.3MB) 越後滋・藤江和久
千原申三
PC箱桁橋設計支援システム pdf(3.4MB) 深尾忠弘・新井伸博
永井浩・工藤克士
光ファイリングシステムを利用した構内図書管理システム pdf(5.6MB) 大窪弘泰・滝谷茂生
鉄骨部材管理システム pdf(4.7MB) 森井一茂・工藤壽
川田ネットワーク pdf(4.0MB) 越後滋・上田貴志
久米昭光
プログラム紹介 EWSによる地震応答解析 pdf(1.5MB) 深尾忠弘・藤江和久
豊田純教
土木(設計・製図)用汎用CADシステム pdf(0.2MB) 越後滋・金山正一
浦井正勝・松原誠
萩森一彦・森谷清子
RC床版の設計プログラム pdf(0.2MB) 堀田浩・山浦武彦
宮本千絵子・坂東典明
トピックス 多目的風洞施設の概要 pdf(1.2MB) 米田昌弘
構造物試験室の概要 pdf(1.0MB) 町田文孝
スカイブリッジの製作 pdf(0.9MB) 千石育雄
千葉新町連絡橋の製作 pdf(1.1MB) 吉田巳喜男
詰田川橋梁の施工(溶融亜鉛メッキ鉄道桁〉 pdf(0.9MB) 児島哲朗
兼松本社ビル鉄骨工事 pdf(1.0MB) 遠藤優
大同生命大阪本社ビルの製作・仮組立 pdf(1.0MB) 荒木敏伸
日本長期信用銀行本店ビル新築工事 pdf(1.0MB) 蓮沼聡
大阪WTCビル鉄骨工事 pdf(0.9MB) 松井弘
ロボットによる現場溶接施工 pdf(1.0MB) 本澤文夫
ロビンソンR22の修理改造 pdf(1.1MB) 平井正之

本ウェブサイトでは、PDFファイル形式にて情報を公開しています。ご覧いただくにはAdobe社 Adobe Readerがインストールされている必要があります。Adobe Readerは、 Adobe社のホームページから無料ダウンロードしてご利用になれます。

Go to top