川田工業株式会社

新卒採用情報

KAWADA RECRUIT 川田工業新卒採用情報

先輩社員の声

吉村 勉

入社年
2009年入社
出身校
工学部 建築工学科
これまでのキャリア
工事部(2009年~):施工管理

現在の私の仕事

建設現場で安全・品質・工程を管理する仕事をしています

建設現場で作業する職方さんたちが安全に作業するために、仮設計画や作業・施工手順の確認・指導を行なったり、商品となる建物の「品質」を守ったり、また工事施工期間「工期(工程)」を管理しています。

1番嬉しかったエピソード

竣工(全工程完了)時の充実感・達成感

「建物を建てる」という目的がはっきりしておりますが、工法・方法はさまざまで同じ現場はありません。また建設現場によって工期が違いますが、約半年~1年程度、現場に常駐します。「管理」という仕事上、業務内容は決して楽ではありませんが、だからこそ最後までやりとげた時の充実感・達成感はとびきりで、苦しかったり辛かったりする現場ほど愛着がわきます。そして何よりエンドユーザーさんから喜ばれることが一番うれしいです。

川田工業を選んだ理由

実際に建物を建てる現場に携わりたい

高校の時から建物に興味あり、「建物を設計してみたい」と大学では建築(設計・意匠)を学びました。しかし建物を多く見学していくうちに実際に建物を建てる現場に携わりたいと施工管理を志望しました。川田工業建築事業部にはRC造を主とした中高層一般建築と、鉄骨造を主としたKBS(システム建築)があり、中でも鋼構造でトップメーカーである川田工業の鉄骨を学びたいと思い入社を決めました。

入社後は、希望どおり1・2年目でRC造・鉄骨造両方の現場を担当することができました。これからもいろんな現場を経験し、自分のスキルアップを目指したいと思います。

学生のみなさんへの就職活動アドバイス

私自身就職活動をする上で一番大切にしていたことは、「自分は就職して何がしたいか」です。これを決めれば就職活動を乗り越えていけると思います。就職活動で複数の企業を受けていると、落ちてしまうこともあるかと思います。しかし落ちたから自分はだめだと落ち込むことはありません。就職活動は自分を改めて見直すいい機会だと思います。慌てず焦らず諦めず、自分にあった会社に出会えるようがんばってください。