川田工業株式会社

新卒採用情報

KAWADA RECRUIT 川田工業新卒採用情報

先輩社員の声

廣野 喜治

入社年
2010年入社
出身校
経営学部 経営学科
これまでのキャリア
法務(3年)
経理(2年)

現在の私の仕事

月次の支払業務から決算業務まで多岐に渡る経理業務

毎日の現金出納から始まり、月次支払処理、在庫管理、固定資産管理など多岐に渡る経理業務を担当しています。数値を見ただけではわからない技術的な話が絡む内容が多いので、各部門の方との綿密なやりとりを行いながら業務を進めています。

そして何と言っても大変なのは四半期ごとの決算業務。金額を少しでも間違うとステークホルダーとの信頼関係に関わるので、会社の根幹に関わる仕事です。日々の業務の積み重ねが決算業務に繋がるので、軽微なことでも責任ある対応を求められます。

1番嬉しかったエピソード

社内研修等の企画から実施までを一貫して担当

入社して初めて配属された法務部にて、法令遵守に係る社内研修や会議等の施策を企画から実施まで一貫して担当したことです。入社1年目のことでしたので、嬉しさの反面で正直、「こんなに任せてもらっていいのか」と思いました。

法的知識に乏しい中、六法全書を片手に必死で原稿を作成し、上司から赤ペンで真っ赤になった原稿を返されたのを今でも鮮明に覚えています。自分の力のなさを痛感しました。ただ、上司からは法的な考え方だけでなく、社会人としての物事の捉え方、仕事の進め方なども指導を受ける中で、「人を見てくれている」と感じました。
唯でさえ労力を要する新入社員への教育であるにも関わらず、大きな仕事を任され、上司を始めとした周りの方々が強烈にサポートをしてくれるところに会社の懐の深さを感じました。

川田工業を選んだ理由

若手でも活躍できる個の強い会社

「人」を見てこの会社で働きたいと思ったのが1番です。私は人間観察がとても好きです。そのため、就活時の会社説明会や面接ではいつも人事担当者やリクルーターの方を見て「この人と一緒に働いてみたいか?」や「この会社の社風はどんな感じだろうか?」といった観点を重視して会社を見ていました。そんな中で、1番フラットな関係で接することができたのが川田工業だと思います。

いざ入社してみてもこの点は変わりません。ある程度の会社規模になれば指揮命令系統は上からの一方通行になりがち。当社の場合は役職や年齢に関係なく自分の意見を言い易い、通り易い社風があると感じています。

学生のみなさんへの就職活動アドバイス

自分の将来像(どんな社会人になりたいか)を明確にイメージすることが大事だと思います。就活では、とかく「仕事のやりがい=自分の好きなこと(やりたい仕事)」で会社を選びがち。「仕事のやりがい=自分の好きなこと」になれば最高ですが、大事なのは自分の将来像に基づく会社かどうか。将来像さえ明確で、それを軸に選んだ会社なら何でも乗り越えられると思います。また、それが仕事のやりがいになるのだと思います。
信念を持って頑張ってください。