企業情報

コーポレイトメッセージ

独自の技術で社会に貢献する企業を目指す

代表取締役 社長 川田 忠裕

私たち川田工業の歴史は、1922年に鍛冶職人であった川田忠太郎が富山県福野町(現 :南砺市)に興した川田鐵工所が礎となっています。

当社は、世代を越え、幾度の荒波をのり越えて、今では世界に誇る技術と品質、そして後世に残る数多くの実績を有する企業に成長することができました。金属加工技術、その周辺技術から発展させた橋梁や建築鉄骨などの鋼構造事業、そしてこれらの製品やサービスから派生した建築事業や最先端のエンジニアリング部門であるロボティクス事業、さらに地域に根ざした北陸事業を推進しております。

当社は、経営理念「安心で快適な生活環境の創造」の下、単に規模の拡大を追い求めるのではなく、技術や商品の多様性を強みに、世界の様々な成長市場において、より安全で環境性に優れた製品・サービスをご提供することにより社会に貢献する企業を目指しています。

2009年(平成21年)には、純粋持株会社「川田テクノロジーズ株式会社(東証1部上場)」を設立し、グループ経営の強化を進めています。そして、川田グループの主幹事業企業である当社は、このたび主に鋼構造物のエキスパートとして事業に専念する企業として生まれ変わりました。

川田テクノロジーズをはじめ、私たち川田工業の現在があるのも、皆さまからの多大なるご支援・ご愛顧の賜物であると、心より感謝いたしており、引き続き変わらぬご支援・ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 社長 川田 忠裕

Go to top