鉄骨製造工程

栃木工場:国内トップクラスの鉄骨製作工場

栃木工場は2番目の製造拠点として1958年(昭和33年)に操業し、当初は橋梁製作を主とした工場としてスタートしました。1982年(昭和57年)から鉄骨製作が橋梁製作を上回り、その後、鉄骨の増産体制に合わせ工場建屋の増築、ヤードの拡張工事、生産ラインの新設などを進めていき現在のレイアウトとなりました。

時代のニーズを受け専用加工機の開発や自動加工ラインの設置、溶接ロボットやCADなど常に新しい生産技術の導入を心がけてまいりました。現在、生産量・技術力ともに国内でトップクラスの鉄骨製作工場として高い評価を受けています。特にボックスラインは他社にない生産システム(クレーンレスで横流しライン)が特徴であり超高層ビルの柱の製作に威力を発揮しています。

手掛けた著名物件は東京地区から名古屋、大阪地区にかけて100棟以上にもおよび、これらの経験と技術は東京スカイツリーの製作にも生かされています。

鉄骨製造工程

富山工場:ものづくりを極め、新たな挑戦へ

四国工場:鋼橋製作における主力工場

Go to top