耐風技術

耐風技術を長大橋梁から中小橋梁まで数々の橋梁に活かしています

耐風技術の役割

構造物を大型化・軽量化してゆくことへの挑戦、その歴史は風との戦いでもあります。かつては、季節風程度の風によって構造物が振動現象を起こすことなど信じられていない時代もありました。しかし、風のため被害を受けた橋を教訓にして、橋の揺れを少なくする技術はめざましい発展を遂げました。現在では長大橋をはじめ中小規模の橋に対しても、様々な対策法が実用化されています。

Go to top